信州塩尻自動車学校
教習コースガイド

あい路

※大型・中型車のコース説明は現在準備中です。

普通車の技能課題

発着場所

スタートが肝心です!

この課題は発着場所の左側縁石に車体の左側に寄せて黄色のポールに車体の先端(フロントバンパー)を合わせて停止させます。 -アドバイス- 左側に寄せる時は速度を落として遠くを見ながら寄せましょう。黄色のポールが通り過ぎた様に見える位がGoodかも。タイヤを縁石に接触しない様にね。

踏切

「止まれ」「見よ」「聞け」

この課題は一時停止と安全確認を行い、すみやかに通過することが目的です。「止まる」「見る」「聞く」踏切通過の3原則を守りましょう。 -アドバイス-MT車の方はローギアでハンドブレーキを使用して発進しよう。踏切内のエンストはご法度だよ。

坂道発進

サイドブレーキを上手に使って

この課題は坂の途中で停止し、後退することなく発進することが目的です。 -アドバイス-MT車の方はローギアでハンドブレーキを使用して発進してね。アクセルはちょっと強めで半クラッチを維持しよう。エンジン音の変化を聞き逃さないでね。あと、ボンネットが少し沈むから見逃さない様に!!

普通S字

車両感覚が問われます

この課題は幅員3.5Mの狭い道路において適切な走行位置と速度を選んで通行するのが目的です。通過することだけを目的とせず、運転感覚を身につけよう。 -アドバイス-MT車の方はローギアで半クラッチと断続クラッチを使用しましょう。AT車の方はクリープ現象とブレーキを使用して低速走行を忘れずに。タイヤの位置を意識して内輪差を考えた走行位置を進行し、視線は常に進行方向の先を見るようにしよう。万一、脱輪した時は必ずバックで切り返し・やり直しをしてね。

クランク

接触は絶対にしないように

この課題は普通S字と同様に幅員3.5Mの狭い道路を通行します。車両感覚をしっかり掴み、適切に通行するのが目的です。 -アドバイス-クランクにはポールが設置されています。ポールに接触しない様に適切な走行位置と誘導方法を選ぼう。あとは、普通S字と同様に低速走行しよう。万一ポールに接触しそうになったり、脱輪した時はバックで切り返し・やり直しをしましょう。(切り返し・やり直しの時は、ハンドル操作を間違えないようにね。)

見通しの悪い交差点

じりじり進もう

この課題は危険が潜んでいる見通しの悪い交差点を安全に通行するのが目的です。見通しの悪い交差点は、死角がいっぱいです。 -アドバイス-普通S字・クランクで行う速度調節を利用して前傾姿勢で左右を確認しながら、じりじり進むことが大切です。優先道路から車両が来ていたら迷わず停止しましょう。

方向変換

これが車庫入れだ

この課題はバックで直角に曲がって反対方向に向きを変え、その後向きを変えた方向へ出ていけるかを確認します。皆さんは「車庫入れ」と呼んでいますね。 -アドバイス-後退(バック)する際に前進と同様、自分の行きたい方向を見て運転してみよう。また狭路走行といっしょで速度調節も忘れないで下さい。

縦列駐車

空いてるスペースにピタリと収めよう

この課題は駐停車場所に合わせて駐停車をするのが目的です。路上駐車する際に2台の車の間隔が適度に空いていて、その中に自分の車を駐車させるといいう想定の課題が縦列駐車になります。 -アドバイス-最初のうちはハンドル操作とバックを別々に行うといいよ。ハンドルを切る位置・移動目標を掴んでおくと縦列駐車は楽しくなれます。

自動二輪車の技能課題

急制動

技量はブレーキングで決まる!

この課題は短い距離で安定して停止出来るようにすることが目的です。30km/hの時は8M以内、40km/hの時は11M以内で停止出来るようにします。前輪のフロントブレーキ、後輪のリアブレーキ、エンジンブレーキの3つのブレーキを有効に使ったブレーキングテクニックが求められるよ。

一本橋

燃料タンクしっかりホールド

この課題は長さ15M:幅0.3M:高さ0.05Mの直線狭路台を踏み外すことなく通過出来るようにすることが目的です。大型二輪は10秒以上、普通二輪は7秒以上、小型限定は5秒以上で通過します。視線を一本橋の出口において両膝でがっちりニーグリップ。バランスよくすること。半クラッチ・断続クラッチ、後輪ブレーキでスピードコントロールをしよう。

波状路※大型二輪のみ

手足を「人間サスペンション」のように

この課題は凸凹路を安定して通るため、立ち姿勢による運転が出来るようにすることが目的です。長さ9.5Mの波状の障害物の上を5秒以上で通過します。路面から受ける衝撃を体全体で吸収して、バランスよくすること。

スラローム

人車一体となって風を切れ

この課題は人車一体となったバランステクニックを身につけ連続進路転換コースを通過することが目的です。幅4.5M間隔で設けられた5本のパイロンを左右にぬって走行します。大型二輪は7秒以内、普通二輪は8秒以内で通過しなければならないのです。ギアは2G、アクセルワークと体重移動を使って、リズミカルにバンクをするんだ。頭を中心とした「振り子」をイメージするんだね。

二輪クランク

ライン取りが命

この課題はこの課題はカーブを安定して走行することが出来るように、正しいコーナーリングフォームをとり、屈折コースを通過することが目的です。道幅2Mの狭路内をコース幅いっぱいに使いS字を描くようなラインをとって通過しよう。ギアは2Gで、クラッチとリアブレーキを使ってみよう。

二輪S

アウトベタで走れ!

この課題はクランク同様、カーブを安定して走行することが出来る正しいコーナーリングフォームを取り、曲線コースを通過することが目的です。幅2Mの道幅を有効に使ったライン取りで、パイロンに接触することなく通過しよう。ギアは2Gでアウトベタで走行してみよう。

二種免許の技能課題

準備中

大型・中型車の技能課題

準備中